TOP > 自己啓発本>生活 〜みならいたい生活♪

2009年02月22日

五つ星のお付き合い。人と素敵なお付き合いをするためには…(後半)



本のタイトル:五つ星のお付き合い
著者:山崎拓巳(FCA。エッセイスト、画家、イラストレーター)

お奨め度(MAX5):☆☆☆☆
お奨めする人:人付き合いを良くしたい人、人間関係で悩んでいる人、夢を叶えたい人
本を読んでみよう♪と思った動機:人付き合いを良くしたいから♪

♪前半の感想はこちら♪
-------------------------------------------------------------
<感想:後半>

初対面の人とうちとけるコツ「共通点を発見」
初対面の人と会うときって緊張しちゃわない?それでしゃべれなくなっちゃうの。相づちもそこそこで、「次は何を話そうかな?」と考えちゃったりね。でもね、すぐ人と打ち解けるコツがあるんだよー。

それは、お互いの共通点をみつけること♪そのためには、相手に「うまく話すか」ではなくって、「うまく聞けるか」なんだよー。つまり、「話し上手」よりも「聞き上手」、それよりも「話させ上手」なんだね。

そのためには、相手が言ったことに対して、驚きをもって反応するのがポイント☆そして相手が話したくなるような質問を投げかけるんだ♪そうするとね、相手は話すことが楽しくなって、会話が弾んで、話題がどんどんあふれ出てくるんだって☆

また、会話を盛り上げるには、相手の話したキーワードの単語をもう1回言って、疑問符をつけて投げ返すの♪言葉だと難しい感じがするけど、例にするとこんな感じだよー。

あなた「お仕事はなんですか?」
相手「出版社に勤めています」
あなた「出版社なんですか! 出版で何をされているんですか?」

簡単でしょ?そうやって深掘りしていくと、相手との共通点がみつけられるんだ♪共通点をいっぱい見つけたり、偶然の一致があると、その日の出会いが「事件」となって、相手との距離が一瞬にして近いものとなるんだよ。更に、会話が盛り上がると、「もう1度あなたに会いたい!」っていう人が増えて、人とつながっていくんだね♪

この本は、人とのお付き合いを良くするコツがいっぱい☆サラっと読めるし、実例がついているから、すっごく分かりやすいよ♪更にコツも簡単で日常に取り込みやすくって、お奨め☆コツを実践していって、人とのお付き合いを大切にしていこう♪興味がある方は、是非読んでみてください。

五つ星のお付き合い。人と素敵なお付き合いをするためには…(前半)



本のタイトル:五つ星のお付き合い
著者:山崎拓巳(FCA。エッセイスト、画家、イラストレーター)

お奨め度(MAX5):☆☆☆☆
お奨めする人:人付き合いを良くしたい人、人間関係で悩んでいる人、夢を叶えたい人
本を読んでみよう♪と思った動機:人付き合いを良くしたいから♪
-------------------------------------------------------------
<感想:前半>

仕事で成功したり、夢を実現させようと思ったら、人との関係は必ずついてくるよね。だから、人との素敵なお付き合いはとっても大事☆この本では人とのお付き合いする「22のコツ」が紹介されていて、今回はその中で2つのコツを紹介しまーす☆尚、このコツはお付き合いを良くするために、山崎さん自身が研究して、実践していることなんだよ♪

始めに、学ぶコツ:「もっと教えて」
もう知っていることを上司から「こういう風にすると、うまくいくかもしれないよ」と言われたら、なんて答える? 私ならつい「知ってますよ〜」って答えちゃうなぁ。でもそれは良くなくって、もったいないんだよ〜!!

人は前に聞いたことがあること話でも、感動する気持ち、知識、そして心への入り方が違ってくるんだ♪人って同じ風景や同じ話でも、そのときのレベルの高さによって、違って見えたり、聞こえたりするからなんだ☆だから、いくら知っていていることでも「教えてください」って素直に聞いてみるのが大事なんだよ〜!

そして世の中の現実は、幾重にも幾重にも折り重なっていて、いつも自分のレベルにふさわしい現実だけが見えているんだって。だから、積極的に学習したり体験して自分のレベルをあげるのが大事♪

だから、以前に聞いた話でも、「知ってるよ〜」ではなくって、「教えてください」と聞いてみることが大切なんだねー。新しい発見があるかもしれないよね♪それに「教えてください」って言われた方が、言った方も気持ち良いよね☆

♪後半の感想はこちら♪

2009年01月09日

イギリス式 年収200万円でゆたかに暮らす。イギリス人って物価が高くても、年収が安くても、楽しく暮らします♪その秘訣は?(後半)



本のタイトル:イギリス式 年収200万円でゆたかに暮らす
著者:井形慶子(出版社経営。イギリスに何度も行き、イギリスについてのエッセイをしている)

お奨め度(MAX5):☆☆☆
お奨めする人:人生を楽しく生きたい人、節約したい人、不安がある人
本を読んでみよう♪と思った動機:イギリスってよく知らないし、年収200万円で豊かに暮らすってどういうことなんだろう??

♪前半の感想はこちら♪
---------------------------------------------------------------
<感想:後半>
でも、なぜ年収が減っても、物価が高いイギリスでも、楽しく暮らせるんでしょうか?
それはイギリス人が、「質素倹約」だからです(^O^)/

物が故障しても直して、大事に使います。洋服もリフォームするし、なんと家も自分でリフォームするのです。そして食べ物を無駄にしないのです。

私なんて冷蔵庫をみて、「しまった!賞味期限切れている…」と、泣く泣く食べ物を捨てちゃうことってあるんです(反省)。でもイギリス人は違います。食べ物を無駄にしないのです。そしてその方法は、余った材料でスープを作って美味しく食べる♪のです。

だからイギリスには、いろいろなスープを作る習慣があるそうですよ。確かに余り物なんかを細かく刻んで、全部コンソメスープで煮ちゃえば、美味しい♡これは見習うべき点です☆

又、質素倹約って言っても、お金は使うんですよ。劇や旅、ホリデーに!

でもね、旅もすごいのです。質素倹約なんです。お土産なんて買いません。旅の宿泊先だって、友人や親戚宅。また外でテントを張ったり、日本への旅行ではお堂で寝る人もいるのです。またカーシェアリングも当たり前!だから、安〜く旅行して、その分何度も旅行に行く。素敵ですよね☆

私はこの本を読んで、イギリス人の根底にある人生を楽しむという気質が、素敵だな、と思いました。だから1人でも旅行に行けちゃうし、セミリタイアできるし、友達同士で助け合う、ということができるんだろうなぁ。

他にも楽しく生きるヒントがいろいろ乗っています。興味ある方は読んでみてください。私もこれからの生活に不安があるけど、人生は楽しんだもん勝ちで、楽しく人生を過ごしていこうと思います。

2009年01月08日

イギリス式 年収200万円でゆたかに暮らす。イギリス人って物価が高くても、年収が安くても、楽しく暮らします♪その秘訣は?(前半)



本のタイトル:イギリス式 年収200万円でゆたかに暮らす
著者:井形慶子(出版社経営。イギリスに何度も行き、イギリスについてのエッセイをしている)

お奨め度(MAX5):☆☆☆
お奨めする人:人生を楽しく生きたい人、節約したい人、不安がある人
本を読んでみよう♪と思った動機:イギリスってよく知らないし、年収200万円で豊かに暮らすってどういうことなんだろう??
---------------------------------------------------------------
<感想:前半>
この本はイギリスと日本の文化や考え方の違いがわかって、面白い本です。読み終わったら、ぽかぽかとした暖かい気持ちになりました。楽しく暮らす♪という気質は、私たちが見習うべき点だなぁと、つくつく感じました☆

この本を読んで一番心にグサっと来たのが、「仕事、仕事、仕事」と仕事に追われて家族と過ごせない時の、日本人とイギリス人の「転職」(セミリタイア)方法です。

私も会社に勤めており、忙しい時期は朝7時半に家をでても、帰ってくるのは夜の9〜11時(酷いときは夜中の2時とかありました)なので、旦那と話す時間もないし、体が心配…。でも仕事しなくちゃ!という事が多々ありました。その忙しい時になぜだか、喫茶店をやりたいな〜って考えちゃいます。経験なんてないくせに。

しかしこの考え方はただの、現実逃避なのです。これはその通りで、グサッときました。だから日本人で、勢いで脱サラをして、お店をやる人は苦労する人が多いそうです。

一方イギリス人は違います。趣味を兼ねて庭師をしたり、コサージュを作って売ったり、英会話を教えたり、つまり今までの知識を生かして中身から入るのです。後は空き部屋を留学生に貸したり、田舎に引っ越したり‥。いろいろ何点も工夫して、お金を生むのです☆

しかし当然のごとく、収入は減っちゃいますよね…。でも、そんなの平気!「何より家族と一緒にいる時間が増えることで、幸せになる!」「ワークバランスがとれる!」と、そっちを大事にしているのです。そんな考え方って、素敵ですよね♪私はとっても共感します。

(また社会情勢が違っていて、年金は日本と違って国じゃなくて企業がやっています。だからなんと50歳から受けられるのだとか!これはうらやましいなぁ)

♪後半の感想はこちら♪

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。