スポンサーリンク
TOP趣味本>村上春樹 > ノルウェイの森。人は1人でなく、人と繋がっている

2013年12月15日

ノルウェイの森。人は1人でなく、人と繋がっている



本のタイトル:ノルウェイの森
著者:村上春樹
お奨め度(MAX5):★★★★☆
-------------------------------------------------------------
最近は子育てで忙しく、全く本を読めていませんが、せっかくなので以前読んだ本の感想を書いていこうと思います。…ということで、最初は村上春樹の代表作:ノルウェイ森。この本は賛否両論ですが、私は結構好きで、2回も読み直しました。

あらすじ
大学生の頃、僕は直子と再会した。直子は高校時代の親友・ツヅキの恋人で、直子の様子はすっかり変わっていた。やがて僕は直子に恋をするが、ある日直子は突然、僕の前から姿を消して…。

感想
僕の誰とでも寝てしまうところはどうかと思いますが、僕は直子を愛していて、彼のもどかしさや切なさがダイレクトに伝わってきました。また直子はツヅキが生きていれば、全然違ったと思う。事故ならまだしも自殺なのに、ツヅキを恨んだ言葉がでないことに、直子の深い愛情を感じました。

また読んでいて印象深いのは、緑の存在。緑は言動も言葉もハチャメチャに思えるけど、物事の本質を付いていると思う。

印象的なのは、病院でもりもり食べている緑が、”看護は体力勝負。食べられるうちに食べなくちゃ”、のような内容の言葉。確かにそのとおり。でも周りは上辺だけを見ているから、”よく食べれるな”と思ってしまう。たびたび、緑の言葉にハッとさせられました。

僕の周りで自殺者が多いのはどうかとは思いますが、読んでいると、この不思議な世界に引き込まれます。おすすめです。

DVDもあります↓。ただ個人的には映画よりも、やはり小説のほうが好きです。僕の苦しみや悲しみがダイレクトに伝わってきますので。。



【趣味本>村上春樹の最新記事】
posted by ちゃよ at 15:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味本>村上春樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。