スポンサーリンク
TOP趣味本>田中芳樹 > アルスラーン戦記2-4。ルシタニア、鉄仮面、更にシンドゥラ国まで入り乱れる。アルスラーンの運命は!?

2013年09月30日

アルスラーン戦記2-4。ルシタニア、鉄仮面、更にシンドゥラ国まで入り乱れる。アルスラーンの運命は!?



本のタイトル:アルスラーン戦記2(王子二人)、アルスラーン戦記3(落日悲歌)、アルスラーン戦記4(汗血公路)
著者:田中芳樹
お奨め度(MAX5):★★★★★
アルスラーン戦記一巻の感想はこちら
-------------------------------------------------------------
アルスラーン戦記の文庫本第2巻-4巻!壮大なファンタジー小説で、かなり面白いです。夫が高校生の頃に読んだという本で、光分社文庫からの再発行です。1巻読んで私もはまってしまい、7巻まで一気読みしました(笑)。ちなみに今も続いており、7巻で第一部が完了するとのことです。

アルスラーンの仲間
皆頭も良く、剣の腕は立つものばかりで、まさしく少数精鋭の仲間たち!
勇者:ダリューン、知恵者:ナルサス、弓が得意で美しい女神官:ファランギース、剣の腕も確かで憎まれ口ばかりを叩く旅の楽士:ギーヴ、ナルサスに使えるエラム。

ギーヴがいい味を出していて、面白い。それに冷静なファランギースとの掛け合いもGOOD!登場人物が個性豊かで、読んでいて飽きが来ないです。

あらすじ
無敵の武力を誇っていたパルス王国であるが、見方の裏切りや何やらで、蛮族ルシタニアに敗戦し、王都エクバターナは占領されてしまいました。民衆も大勢虐殺され、苦しめられています。国王も王妃も密かに捉えられ、パルス王国は悲惨な状態です。

その中で王太子・アルスラーンは、仲間と共に王都エクバターナをルシタニアから取り戻すために立ち上がります。しかし鉄仮面をかぶり、パルス人でありながらルシタニアに味方をした鉄仮面(ヒルメス)からも、執拗に命を狙われます。

二巻では、アルスラーン達一行は、パルス兵力が集結する国境城西へと向かいますが、その道は険しく、更に鉄仮面にまで襲われ…。

三巻では無事に国境城西についたアルスラーンの元に、今度はシンドゥラ国からの軍隊が襲いかかる!!実はシンドゥラ国は王が病気に伏せり、二人の王子が王の椅子をめぐり争っていた。そこでナルサスの計で、ラジェンドラ王子を捉え、その後はなんと彼を即位させる手伝いをすることに!!…一体何故?

四巻ではシンドゥラ国の問題を片付けたので、いよいよ王都エクバターナへ向かうことに!アルスラーンは各地の諸侯や領主たちに声をかけ、兵を集めていき、とうとう出兵へ!むかいルシタニアも、大群を用意する。さて、どうなる!?

感想
ナルサスの頭の良さには毎回驚きます。人の数歩先を読んでいる!!敵に囲まれても、冷静に活路を見出します。だから、毎回”どうやって切り抜けるんだろ?”と、ワクワクしながら読んじゃいます。

また1巻で、敵国:ルシタニアと通じ、パルス王国を滅亡に導いた鉄仮面の正体には驚きました。私はてっきり、パルス王国が滅ぼしたバダフシャーン国の血縁だと思っていたのに、まさかパルス王国の国王で、死んだと思われていた甥とは…。(しかも更に)

だから、鉄仮面はやたら気位が高いし、国王を憎むんだね。納得。でも、だからといって、罪もない国民の命を犠牲にして、国王を位から引きずり下ろし、自分が英雄になるためにルシタニアと通じるなんて。。。確かに彼はひどい運命だけど、好きになれないなぁ。それに彼の血筋も気になる。秘密があるようで。。。

それに、アルスラーンの出生の秘密が気になる。ヒルメスといい、アルスラーンといい、パルス王国の血筋が気になる。一体どんな秘密があるのだろうか?

また、王太子アルスラーンは見事!子供なのに、王太子であるとは思えない程に、心が優しく、人を大事にします!(腰も低い!)。敵国の人まで味方にしてしまうことには、驚きました。それに自分の出生が気になりつつも、ナルサスらに支えられながら、前に向かって進んで姿に感動。こんな国王だったら、民も安心だろうなぁ。

本来の王であるアンドラゴラス三世も生きているわけだから、これを知ったらアルスラーンはどうするんだろう?それに暗灰色の衣の魔導師も気になる。ザッハークの復活を望んでいるらしいが。。。これからどう絡んでくるのか、楽しみです!

うー、これからこのアルスラーンがどうやって、パルス王国を奪還するのか。楽しみです(*^_^*)


posted by ちゃよ at 22:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味本>田中芳樹 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。