スポンサーリンク
TOP漫画>樹なつみ > 獣王星5。人が生きているのは、きっと星の意志

2013年06月11日

獣王星5。人が生きているのは、きっと星の意志



本のタイトル:獣王星5
著者:樹なつみ
お奨め度(MAX5):★★★★☆

獣王星1巻の感想はコチラ
獣王星2巻の感想はコチラ
獣王星3巻の感想はコチラ
獣王星4巻の感想はコチラ
---------------------------------------------------------------
あらすじ
エリート家庭で育っていた少年トールはある日学校から帰ると、両親が殺害されていた上に、双子の弟ラーイと共にキマエラという星に落とされます。そこは地獄のような環境で、その中でもトールは必死にラーイと共に生きていましたが、ラーイは命を落とします。そしてトールはオーディンへの復讐を糧にして生きることを誓います。

キマエラには4つのリングがあり、トールはその中でオークル・リングのトップになります。その後ナイト・リングやサン・リング、ブラン・リングのトップを倒し、トールはとうとう”獣王”にまで上り詰めます。そしてキマエラを管理してるユノから迎えが来て、トールはサードとティズと共に乗り込みます。

そこにはトールの宿敵オーディンがいて、トールは信じられない話を聞きます。バルカン星系が人類存続の危機に陥っていること。そしてそんな人類を救うためにユノは1人の人、この世で最も死なない、”ラスト・チャイルド”を創りあげたこと。そしてそれがトールだったことを‐。

もちろんトールは両親の息子ではなく、双子の弟と思っていたラーイも他人です。そしてそんなトールを両親が溺愛し、だから両親もラーイも死んだこと。トールは両親とラーイの復讐の為に、あの地獄のようなキマエラでの生活を生き延びたというのに‥。

又昔、キマエラに移り住んだ人がおり、そのキマエラ人はあの過酷な環境の中で生き延びていたこと。キマエラこそが、唯一”自然出産できる星”であり、だからユノはキマエラを管理していたことを知ります。より強い遺伝子を創りあげる、その為に‐。

第5巻はそんな衝撃的な話の続き、そしてそれを受け入れようとするトールから話が始まります。更に混乱しているトールに、今度は”シグルド・ヘザー”と名乗る人物が現れます。実は彼こそ、キマエラでトールたちが”サード”と呼んでいた人物だったのです。

つまりサードは、ユノから2重スパイとして、そしてトールを補佐すると言う役目を請け負っていた人物だったのです。しかも肌や目の色を変え、更にサードという別人格をインプットしてまで。そう、全てが嘘だったのです。

そんな時、混乱して絶望するトールの前に、ティズが現れます。ティズはトールの話を聞き、そしてトールの心を明るく開いてくれました。ティズはまるで希望のように‥。そしてトールは、ティズと共にキマエラに戻り、子供を創ろう、と決意をします。

しかしここで、とんでもないことが起こります。反逆罪の罪で捕まったギリング総帥という人物が、最後の悪あがきをしたたのです。それはオーディン達が作った”キマエラの自転を加速させる装置”を作動させるというもの!

もしその装置が発動すれば、環境は滅茶苦茶になります。火山の噴火や地震の発生、津波が引き起こされ、人類は全滅します。そう、唯一自然出産できるキマエラが‥。

それを阻止するために、トールは立ち上がります。装置を制御しているのは、キマエラの近くの星にあるヘカテにある研究所。そこにヘザーやオーディンの部下達を引き連れ、トールは乗り込みます。全てはキマエラを救うために。しかしそこには‥。

感想
トールは目の前が一気に崩れたような衝撃を受けますが、ティズは純粋で、その気持をストレートに伝えます。だからトールはティズに救われたんだろうな、と思うし、ティズがほんとうに可愛いです。でもそのティズが‥。

又、ヘザーにはサードという別人格が存在し続けるという葛藤があり、悲しくなりました。特に最後の告白と、決断が‥。

また最初は地獄のような惑星、キマエラに落とされたトールが、復讐心を募らせながら、なんとか生きていく。そんな冒険漫画にワクワクしていたら、話が進むに連れて段々と難しくなって行きました。キマエラが存在する理由、そして人類が直面している大きな問題、それら全ての答えがキマエラにあって、小難しいです。

でも全体としては、予想外の展開にハラハラ・ドキドキして、とても楽しめます。またキマエラの環境が、想像を絶するけど、設定がしっかりしていて、楽しめました。

最後に印象に残ったのは、キマエラで生きていける人は”星に許された存在”という言葉です。私もそう思います。現に最後にキマエラを救ったのは、トール達ではなく‥。これも星の意志なんだろうな。そしてトール達にはキマエラで強く生き続けてほしいなぁ。

ちなみに私は全5巻の漫画を読みましたが、完全版(全3巻)もあります↓


またDVDもあります↓



posted by ちゃよ at 07:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画>樹なつみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサーリンク
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。